ホーム > 昔の写真 > 八代本町アーケード街の昔と今 そして未来
昭和60年頃の春 人通りが多かった本町2丁目商店街

八代本町アーケード街の昔と今 そして未来

2019年8月7日


【昭和60年頃の春 人通りが多かった本町2丁目商店街】
向こう側が本町3丁目


この頃は本屋もあったので若い人も多く学生さんも多かった。平成2年に鶴屋生活彩館が出店することになる立体駐車場1階のテナント部分三店舗、向こうからベスト電器が移転した後に出店した「せきぐち玩具店」、中央が「陶器の店 泉屋」、手前がいなづか書店が閉店した後出店した「ながつ書店」・・・
自転車がいっぱい!・・
右側に「クリタ毛糸店」がある。


平成2年に「鶴屋生活彩館」が出店したが、平成28年4月の熊本地震のため営業困難になり
同年6月撤退し、それまで隣にあった更地と合わせてアーケード街に100メートルに渡って
店舗が無い状態が続いたが、平成30年後半に立体駐車場は解体され、それまでの更地と合わせて
現在、病院施設が令和2年(1920)春の開業に向けて建設中!


=============================================

昭和48年11月18日アーケード街の妙見祭神幸行列

【昭和48年11月18日アーケード完成直後の本町2丁目付近】


昭和48年11月完成したばかりのアーケード街を通る八代妙見祭の神幸行列・・
(当時は18日が妙見祭でした。)
右側に既にあった「大洋デパート」の吊り下げ看板が有り、カタカナ看板のイズミヤは
平成元年に本町1丁目アーケード商店街に移転した「陶器の店 泉屋」の前身、
この地で1961年(昭和36年)創業


「大洋デパート八代店」はこの日の10日後の昭和48年11月29日に
熊本市の本店が火災になり、だんだん業務を縮小して行った。・・・
そして昭和55年ころ解体される。・・・現在はマンションになった。


=============================================

★そのほかの写真はこちらから