ホーム > NEWS > 街の話題 > キノバプロジェクト、始動!

キノバプロジェクト、始動!

2015年10月3日

イベント広場として広く利用されている、「がらっぱ広場」。

こちらが、リニューアルして新たにスタートすることになりました!(^^)!

そのリニューアルのプロジェクト名は「キノバプロジェクト」。

熊本高専森山先生、熊建労の皆様のご協力を得て、「平成27年度木を活かした景観づくり支援事業」において

ステージ、椅子、遊具などなどを制作することになったんです!

レイアウト

ベンチ
これらの椅子は、組み合わせるとステージになります。
1

フラワースタンド他
朝顔フラワースタンドや、木馬(きんま)の遊具や、トロッコと名付けた買い物カートまでも、作ります!

さてさて、キノバプロジェクトとは一体なんぞや??・・・

そのネーミングは一体どこからきたのか?

これも、森山先生の発案なのですが、1622年頃、加藤正方の城下町として栄えた頃、本町にある笹堀公園は貯木場だったのです。
球磨地方より球磨川の水流を活かして木材を仕入れていた船着き場が近くにあり(徳淵あたり)
笹堀公園へと水揚げしていた、というわけです。
そして、現油屋呉服店さんの横の小道から笹堀公園へと続く道は、「木の場横丁」と呼ばれ親しまれていたようです。
それで、今回の事業である、「平成27年度木を活かした景観づくり事業」の目的として、県産材を使って広くPRする、という趣旨の
プランを考えるにあたって、本町の歴史から紐解き、「キノバプロジェクト」が生まれたのです。

そして、リニューアルオープンは
10月17日(土)!!

11時からオープニングセレモニーを行いますので、是非皆様、お越しくださいね~~!(^^)!